スリランカの旅 Part 2

さて今回も引き続き、
スリランカのレポートをお届けします。

お客様や友人にスリランカの話をした時に、
必ずと言っていいほど話題に上ったのが、
食べ物のこと。
「スリランカでは何を食べるの?」と、
出発前から本当によく尋ねられました。
そこで、今日はまず・・

食べ物のこと
ガイドブックなどで事前に情報を得ていたので、
だいたいの予想はついていたのですが、
主な食事はカリーでした。
ただ日本のカレーライスとはちょっと違い、
スパイスを使った煮込み料理はすべて「カリー」と呼ばれるそうです。

b160926_1.jpg
「ストリング・ホッパー」という米粉の麺や、
ライスなどとともに、
数種類のカリーを盛り付けていただきます。

b160926_2.jpg
こちらはデザートの「ワタラッパン」。
ヤシの蜜やスパイスなどを使って作る、
プリンのようなもの。
旅の間に4回いただいたのですが、
それぞれに少しずつ違いがありました。
きっとお店や家庭ごとに、
こだわりのレシピがあるのかもしれません。

とにかく野菜や果物がとても美味しかったのですが、
スーパーの野菜売り場はこんな感じです。

b160926_4.jpg
知らない野菜がたくさんあって、
見ていて楽しかったです。

b160926_5.jpg
こちらは、バナナの花です。
これも食材。

b160926_6.jpg
そして、スパイス売り場も充実。
通路はスパイシーな香りが漂います。

スパイスやハーブ、野菜や果物など、
その土地で採れるものを一番美味しくいただけるのが、
“カリー”なんだなと感じました。

スリランカの宗教について
外務省によると、
スリランカの人口の7割が仏教徒、
そしてローマン・カトリック教徒、
ヒンドゥ教徒、イスラム教徒がそれぞれ1割前後とのこと。

今回の旅の中で、
私たちは仏教寺院とヒンドゥ教寺院を参拝しました。

まず、仏陀の歯が祀られている「仏歯寺」。
仏歯寺を含めたキャンディの街は、
「聖地キャンディ」として
世界遺産に登録されています。

b160926_7.jpg
訪れたのは、ちょうど日が暮れた頃。
ここを過ぎたあたりで靴を脱ぎ、
裸足で参拝します。

b160926_9.jpg
蓮の花を供え、
みな熱心に祈りを捧げます。

b160926_8.jpg
細部に美しい装飾が。
男性たちの奏でる旋律は、
どこか懐かしくもあり、
心に響くものでした。

そして、別の日に訪れた、
コロンボのヒンドゥ教寺院。

b160926_10.jpg
仏教寺院と同じく、
こちらも裸足で参拝します。
晴れの日の屋外は、
地面がかなり熱かったです。

b160926_11.jpg
建物に一歩入ると、
空気が一変します。
思わず息を呑む美しさ。

b160926_12.jpg
天井の隙間から差込む光が、
スポットライトのように一点を照らします。

b160926_13.jpg

2つの宗教の寺院を訪れて感じたことは、
参拝されている方の信心深さ。
それゆえの荘厳な雰囲気は、
日本ではあまり感じることの少ないもののように思いました。

b160926_14.jpg
こちらは、中には入っていないのですが、
コロンボの街で見かけたモスク。
独特の建築様式のようです。

今回のブログのテーマはこの2つにしておきます。
次回は、そろそろ宝石の話をしなくては。

by.K

HPはこちら↓
http://www.korut.jp

Facebookページ↓
https://www.facebook.com/korutjewelleryworks

スリランカの旅 Part 1

前回のブログはスリランカ滞在中にアップしていたのですが、
ちょうど一週間前の12日に帰ってきました!

スリランカは、様々な種類の宝石が採れる国。
どのような場所でどのようにして採取されているのか、
そしてそもそもスリランカとはどのような国なのか。
それらを実際に目の当たりにできたことは、
宝石を扱う仕事をする上でとても良い経験になったと思います。

b160919_1.jpg

現地でいろいろなものを見聞きしてきましたので、
今日から何回かに分けて、
ブログでご紹介したいと思います。

まず・・スリランカとは?
インドの南東に位置する島国で、
その面積は北海道の約8割。
「スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ」
という呪文のような首都を、
学生時代に覚えた方も多いのでは?

b160919_2.jpg
熱帯性気候に属するので、
南国ならではの色鮮やかな花、
ヤシやバナナの木などが、
至る所で見られました。

b160919_4.jpg
狭い道を歩く時は、頭上注意です。
「ココナッツが落ちてくるかも~」とのこと。

b160919_3.jpg
店先には、たくさんの果物。
バナナも、いろんな種類がありました。

今回滞在したのは、主に次の3都市。

まず、「キャンディ」。
スリランカ中部における中心的な都市。
標高の高い所に位置するため、とても過ごしやすい気候でした。

b160919_6.jpg

b160919_7.jpg
宿泊したホテルからの眺めは、
朝・夕ともに素晴らしいものでした。

次に、シンハラ語で「宝石の都市」という意味を持つ
「ラトゥナプラ」へ。
こちらでは、実際に宝石の採掘の様子などを見せていただきました。

b160919_8.jpg
渋滞する時間帯には、
こんな様子。
これまで、信号はほとんど見られませんでした。

そして最後は、かつての首都であり、
スリランカ最大の都市「コロンボ」。
1984年に首都がスリ・ジャヤワルダナプラ・コッテに移ったあとも、
政治や経済の中心地であり続けているそうです。

b160919_10.jpg

b160919_9.jpg
これまでの滞在地と比べて、
あまりの違いにびっくり。
建物が高い!信号がある!高級店がある!

b160919_11.jpg
そして、ビーチもありました。

それぞれの町や道中で体験したことなどは、
また次回以降でご紹介します。

そうそう、スリランカには動物もたくさんいました。
中でも犬は、あらゆる町に。
b160919_12.jpg
なぜか、フォルムは皆ほぼ同じ。
(模様はいろいろ。)
だいたい自由に寝ていたり歩いていたりで、
飼われている犬と、
そうでないものの差が分かりにくいのです。

b160919_13.jpg
この子は、宝石商のオーナー様が飼われている
「カルー」。
カルーとは「黒」という意味だそうで、
この旅でカルーという名の犬と
2度出会いました。

b160919_14.jpg
あと、牛もたくさん。
道ですれ違ったりしました。

この光景は、
昔の日本に近いのかもしれませんね。


・・では、今回はここまでにしようと思います。
この調子だと、あと2~3回くらい続くかもしれません・・!

by.K

HPはこちら↓
http://www.korut.jp

Facebookページ↓
https://www.facebook.com/korutjewelleryworks

スリランカへ

  • Day:2016.09.07 03:26
  • Cat:宝石
ただいまコロットジュエリーワークスの二人はスリランカに来ております。
見るものすべてが新鮮で、出会う人達の穏やかさに2日目にしてすっかり魅了されてしまいました。
スリランカでの宝石採掘や研磨の様子を拝見し、魅力ある宝石を探してみたいと思っております。

スリランカへは関西国際空港からバンコクスワンナプーム国際空港を経由しコロンボ・バンダラナイケ国際空港まで待合を含め
約16時間ほどの道のりです。
resize-s0002.jpg

こちらはタイのスワンナプーム国際空港。
こちらにて6時間ほどのトランジット。
resize-s0003.jpg
短い予定ではありますが何か宝石の魅力を身近に感じられるような材料を探してこようと思います。

by.S

HPはこちら↓
http://www.korut.jp

Facebookページ↓
https://www.facebook.com/korutjewelleryworks

鳥羽と伊勢、少しだけ賢島

ホームページでもお知らせしていました通り
今週の月曜日は臨時休業とさせていただきまして、
8/22・23に三重県へ行ってきました。

ジュエリー関連のセミナーに参加するために、
ミキモト真珠島へ。

b160826_1.jpg

b160826_2.jpg

わたしは小学校の修学旅行以来、
夫は初めてとのことでした。

早めに到着していたので、
セミナー開始まで真珠博物館を見学。
正直なところ、小学生時代の記憶は
「とても豪華な王冠を見た」という程度だったのですが、
30年程の時を経て改めて拝見できて良かったです。
とても面白い展示内容でした。

セミナーでは、
真珠博物館の館長様と、
以前ミキモトにいらした先生から、
古いジュエリーや歴史などのお話を伺いました。
どのお話もとても興味深いものでした。
温故知新、大切なことですね。

夜にはセミナーに参加された皆様と
講師の先生方とともに、
懇親会を。
ジュエリーに携わる方々といろいろなお話ができて、
勉強になりました。
あと・・サメの干物(サメのタレ)を初めて食べてびっくり。
伊勢地方では、よく召し上がるのだそうです。

翌日は、ホテルのチェックアウト前に
伊勢神宮の外宮にお参りを。

b160826_3.jpg

b160826_4.jpg

早い時間だと涼しいかな・・と淡い期待を抱いていたのですが、
やっぱり歩くと暑いですね。

b160826_5.jpg

参道のお店はどこも開店前で、
人通り少なく静かでした。

その後、少しだけ賢島に。

b160826_6.jpg

海を眺め、趣きある真珠店を覗き、
帰路につきました。

b160826_7.jpg

帰りの電車で見た空には、
天使のハシゴ。
車窓越しで上手に撮れていませんが、
ものすごくきれいでした。

by.K

HPはこちら↓
http://www.korut.jp

Facebookページ↓
https://www.facebook.com/korutjewelleryworks

1つのリングから2つのペンダントを

b160729_1.jpg

こちらはK様よりご依頼いただき、お作りしたペンダントです。
同じデザインのものを2点オーダーいただいたのですが、
1つは妹様に・・とのことでした。

使用させていただいた石は、
ご姉妹のお母様から受け継がれたリングに使われていたものです。
b160729_2.jpg
こちらのリングから、
サイズを考慮しながら必要な個数をピックアップしました。

受け取りにはお2人でお越しいただき、
喜んでいただけたようで良かったと思います。

シンプルなデザインですので、
ほかのネックレスとの重ね着けなどもお楽しみいただけそうですね。
ご愛用いただけるといいなと思います。

K様、このたびは大切なリングのリフォームをお任せいただき、
誠にありがとうございました。

by.K

HPはこちら↓
http://www.korut.jp

Facebookページ↓
https://www.facebook.com/korutjewelleryworks