スリランカの旅 Part 4

前回の更新から日が空いてしまいましたが、
いよいよスリランカのレポート4回目。
最終回です!

3回目のレポートでは、
宝石の採掘の様子をご紹介しましたが、
今回は取引の様子を。

宝石の買い付け
普段は日本国内のバイヤーさんから
宝石を仕入れているのですが、
今回は産地での仕入れができるとあって、
とても楽しみにしていました。

161107_1.jpg
宝石の売買が行われたのは、
こちらの建物。
事前にいただいていた日程表に
「バンガロー」と表記されていたので、
もっと簡素な場所を想像していたのですが・・
とても素敵な場所でした。
広いお庭には緑がいっぱい。

161107_2.jpg
たくさんの宝石ディーラーさんが来てくださり、
和やかな雰囲気で開始。

161107_3.jpg
目の前のディーラーさんとの商談が終われば、
次のディーラーさんが登場。
そして、また次。
時々お庭で休憩しながら、
日暮れまで商談は続きました。
終わった頃には頭はぼんやり。
いったいどれだけの宝石をみたのだろう。
気力と体力は消耗しましたが
(←ご飯を食べたら回復しました)、
とても素晴らしい体験でした。

また別の場所では、
研磨前の原石もいろいろと見せていただき、
そちらもいくつか仕入れを。

161107_4.jpg
原石といえば・・・
これは移動中に見せていただいた石なのですが、
何だと思いますか?
これ、サファイアなのだそうです!
ジャガイモみたいだけど。
光を当てると、
中のイエロー色が見えました。

スリランカのゴールド
旅の中では、
金製品を扱うお店も訪問しました。

161107_5.jpg

スリランカでは22金(K22)が主流だそうで、
こちらで扱われていたジュエリーもすべて22金。
投資としての側面もあるため、
金の含有率が高い方が良いとされるのだとか。
また、私たちの感覚ならダイヤを使うであろうと思われる
ボリュームのあるジュエリーにも、
こちらではキュービックジルコニア(人工石)が留まっていたのには、
驚きました。
「贅沢に金を使ったジュエリーなのに
キュービックを留めるなんて」と考えるのは、
それを“身に着けるジュエリー”と捉えるからこその発想なんですね。
“投資”や“財産”にもなり得ると考えると、
その理由にも納得できました。

さて、ジュエリーのお話はここまで。
その他に印象的だったことを、
いくつかご紹介しておこうと思います。

象の孤児院
群れからはぐれたり怪我を負ったりした象を
保護する目的で作られたという
ピンナワラの「象の孤児院」。

161107_11.jpg
象たちが移動する様子や、

161107_10.jpg
水浴びの様子などを見学しました。

これだけたくさんの象を一度に見るのは初めて。
結構な迫力でした。


シギリヤ

スリランカ中部に位置する
世界遺産「シギリヤ」。
その遺跡にある岩山「シギリヤロック」に登りました。

161107_7.jpg
遠くにそびえる岩山を見て、
「あれに登るのか・・」とちょっと心配に。

161107_8.jpg
岩壁に取付けられた階段は、
心もとない感じ。
高所恐怖症の人は、
ちょっと大変そうでした。

161107_9.jpg
頂上にあるのは、王宮跡。
周りは360度ジャングルです。
日差しが強く暑かったのですが、
木陰にいると吹き抜ける風が気持ちよく、
じんわりと達成感が。

この遺跡は5世紀に建造されたものだそうです。
どうやってここまで資材を運んだのだろう、
そもそもどうやって登ってきたのだろう・・と、
とてつもなく大変だったであろう工程に思いを馳せながら、
シギリヤロック登山は無事に終了しました。

-----------------------------
ここまで4回に分けてご紹介してきた
スリランカの旅。
今回で旅のレポートは終了します。

スリランカは、
4回ではとてもご紹介しきれないくらいに、
魅力的な国でした。

他にもいろいろな事があって、
たくさん写真を撮ってきましたので、
ご興味があれば店頭でお気軽にお話を振ってくださいね!
もちろん、「宝石見せて!」も、大歓迎です。

最後に・・・
今回の旅は知り合いの宝石バイヤーさんが企画してくださって実現したものでした。
同行の9人のメンバーと、スリランカのガイドさん、皆様のお陰で素敵な旅になりました。
どうもありがとうございました!!

by.K

HPはこちら↓
http://www.korut.jp

Facebookページ↓
https://www.facebook.com/korutjewelleryworks

スリランカの旅 Part 3

さて、スリランカのレポート3回目。
いよいよ宝石のお話です。

スリランカの宝石
スリランカでは、サファイア、ルビー、クリソベリル、スピネル、ガーネット、ベリル、トルマリン、トパーズ、クォーツなど、さまざまな種類の宝石が産出されます。

まず、キャンディの町で訪れたのが、
宝石ディーラーさんのショールーム。

161007_1.jpg
スリランカで採れる様々な宝石の原石が展示されていたり、
宝石が採掘される様子などを撮影した動画の上映があったり。

そしてこちらでは製品やルース(裸石)の販売もされていたのですが、
それらが生み出される工房も見学することができました。

161007_2.jpg
一つの部屋にたくさんの作業机が設置されていて、
皆がそれぞれの工程を集中して進めておられました。

161007_3.jpg
リングを作ったり、

161007_4.jpg
石枠を作ったり。

161007_5.jpg
同じ部屋で、石の研磨も行われていました。

写真撮影を快くOKしてくださったのを良いことに、
たくさんの写真を撮りつつ、
かなりじっくりと見学。
皆さん慣れていらっしゃるのか、
そんな中でも順調に作業を進めておられました。

その2日後・・
今度は宝石の採掘場を見学するために、
ラトゥナプラへ。
先日のブログでもご紹介していた通り、
「ラトゥナプラ」とは、
シンハラ語で「宝石の都市」という意味を持つのだそうです。

161007_6.jpg
車を降りた後、茶畑を通り抜けて採掘場に向かいます。
こちらのオーナーさんは、
紅茶の栽培や加工もされているとのこと。
スリランカといえば
「宝石」「紅茶」を思い浮かべる方も多いと思いますが、
その両方がここにはありました。

161007_7.jpg
自然豊かな緑に囲まれた場所に作られた採掘場。
スリランカで宝石の採掘をするには、
まず「採掘権」が必要なのだそうです。

161007_20.jpg
ここに、宝石を掘るための竪穴(ピット)があります。

161007_8.jpg
約2メートル四方の竪穴は、
覗き込むのも怖いくらいの深さ。
穴の壁面はゴムの木で枠組みされていて、
地下水が漏れ出さないようにシダの葉が詰められていました。

161007_10.jpg
竪穴からすくい上げられた砂礫は、
ザルに入れられ、洗い場で余分な土が落とされます。

161007_11.jpg
そして、目視で選別。
それが迷いなく、早いのです。

161007_12.jpg
見つかりました。
流石にサファイアなどはザクザク出てくるものではないのですが、
水晶などはたくさん採れているようでした。
小さいものなどは、足元に転がっていたりも。

161007_9.jpg
竪穴のほか、近くを流れる川に潜って採ったりもするそうです。

実際にこれらの現場を見学し、
想像していた以上に人力に頼った採掘方法で、
正直驚きました。
スリランカでの重機などを使った採掘は、
かなり制限されているのだそうです。
環境や資源の保全、
雇用機会の確保などを考えると、
そういったコントロールも必要なのだろうと感じました。

161007_13.jpg
作業には危険も伴うのでしょうけれど、
そこで働く人たちが皆とても良い表情でした。

世界の宝石採掘現場には
まだまだ過酷な労働環境も存在するのだと思うのですが、
スリランカでは、
少なくとも私たちが見学させていただいた現場からは、
そのような印象は受けませんでした。

さて、今回はここまでにしようと思います。
次回は買い付けの様子などを少しご紹介します!

by.K

HPはこちら↓
http://www.korut.jp

Facebookページ↓
https://www.facebook.com/korutjewelleryworks

スリランカの旅 Part 2

さて今回も引き続き、
スリランカのレポートをお届けします。

お客様や友人にスリランカの話をした時に、
必ずと言っていいほど話題に上ったのが、
食べ物のこと。
「スリランカでは何を食べるの?」と、
出発前から本当によく尋ねられました。
そこで、今日はまず・・

食べ物のこと
ガイドブックなどで事前に情報を得ていたので、
だいたいの予想はついていたのですが、
主な食事はカリーでした。
ただ日本のカレーライスとはちょっと違い、
スパイスを使った煮込み料理はすべて「カリー」と呼ばれるそうです。

b160926_1.jpg
「ストリング・ホッパー」という米粉の麺や、
ライスなどとともに、
数種類のカリーを盛り付けていただきます。

b160926_2.jpg
こちらはデザートの「ワタラッパン」。
ヤシの蜜やスパイスなどを使って作る、
プリンのようなもの。
旅の間に4回いただいたのですが、
それぞれに少しずつ違いがありました。
きっとお店や家庭ごとに、
こだわりのレシピがあるのかもしれません。

とにかく野菜や果物がとても美味しかったのですが、
スーパーの野菜売り場はこんな感じです。

b160926_4.jpg
知らない野菜がたくさんあって、
見ていて楽しかったです。

b160926_5.jpg
こちらは、バナナの花です。
これも食材。

b160926_6.jpg
そして、スパイス売り場も充実。
通路はスパイシーな香りが漂います。

スパイスやハーブ、野菜や果物など、
その土地で採れるものを一番美味しくいただけるのが、
“カリー”なんだなと感じました。

スリランカの宗教について
外務省によると、
スリランカの人口の7割が仏教徒、
そしてローマン・カトリック教徒、
ヒンドゥ教徒、イスラム教徒がそれぞれ1割前後とのこと。

今回の旅の中で、
私たちは仏教寺院とヒンドゥ教寺院を参拝しました。

まず、仏陀の歯が祀られている「仏歯寺」。
仏歯寺を含めたキャンディの街は、
「聖地キャンディ」として
世界遺産に登録されています。

b160926_7.jpg
訪れたのは、ちょうど日が暮れた頃。
ここを過ぎたあたりで靴を脱ぎ、
裸足で参拝します。

b160926_9.jpg
蓮の花を供え、
みな熱心に祈りを捧げます。

b160926_8.jpg
細部に美しい装飾が。
男性たちの奏でる旋律は、
どこか懐かしくもあり、
心に響くものでした。

そして、別の日に訪れた、
コロンボのヒンドゥ教寺院。

b160926_10.jpg
仏教寺院と同じく、
こちらも裸足で参拝します。
晴れの日の屋外は、
地面がかなり熱かったです。

b160926_11.jpg
建物に一歩入ると、
空気が一変します。
思わず息を呑む美しさ。

b160926_12.jpg
天井の隙間から差込む光が、
スポットライトのように一点を照らします。

b160926_13.jpg

2つの宗教の寺院を訪れて感じたことは、
参拝されている方の信心深さ。
それゆえの荘厳な雰囲気は、
日本ではあまり感じることの少ないもののように思いました。

b160926_14.jpg
こちらは、中には入っていないのですが、
コロンボの街で見かけたモスク。
独特の建築様式のようです。

今回のブログのテーマはこの2つにしておきます。
次回は、そろそろ宝石の話をしなくては。

by.K

HPはこちら↓
http://www.korut.jp

Facebookページ↓
https://www.facebook.com/korutjewelleryworks

スリランカの旅 Part 1

前回のブログはスリランカ滞在中にアップしていたのですが、
ちょうど一週間前の12日に帰ってきました!

スリランカは、様々な種類の宝石が採れる国。
どのような場所でどのようにして採取されているのか、
そしてそもそもスリランカとはどのような国なのか。
それらを実際に目の当たりにできたことは、
宝石を扱う仕事をする上でとても良い経験になったと思います。

b160919_1.jpg

現地でいろいろなものを見聞きしてきましたので、
今日から何回かに分けて、
ブログでご紹介したいと思います。

まず・・スリランカとは?
インドの南東に位置する島国で、
その面積は北海道の約8割。
「スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ」
という呪文のような首都を、
学生時代に覚えた方も多いのでは?

b160919_2.jpg
熱帯性気候に属するので、
南国ならではの色鮮やかな花、
ヤシやバナナの木などが、
至る所で見られました。

b160919_4.jpg
狭い道を歩く時は、頭上注意です。
「ココナッツが落ちてくるかも~」とのこと。

b160919_3.jpg
店先には、たくさんの果物。
バナナも、いろんな種類がありました。

今回滞在したのは、主に次の3都市。

まず、「キャンディ」。
スリランカ中部における中心的な都市。
標高の高い所に位置するため、とても過ごしやすい気候でした。

b160919_6.jpg

b160919_7.jpg
宿泊したホテルからの眺めは、
朝・夕ともに素晴らしいものでした。

次に、シンハラ語で「宝石の都市」という意味を持つ
「ラトゥナプラ」へ。
こちらでは、実際に宝石の採掘の様子などを見せていただきました。

b160919_8.jpg
渋滞する時間帯には、
こんな様子。
これまで、信号はほとんど見られませんでした。

そして最後は、かつての首都であり、
スリランカ最大の都市「コロンボ」。
1984年に首都がスリ・ジャヤワルダナプラ・コッテに移ったあとも、
政治や経済の中心地であり続けているそうです。

b160919_10.jpg

b160919_9.jpg
これまでの滞在地と比べて、
あまりの違いにびっくり。
建物が高い!信号がある!高級店がある!

b160919_11.jpg
そして、ビーチもありました。

それぞれの町や道中で体験したことなどは、
また次回以降でご紹介します。

そうそう、スリランカには動物もたくさんいました。
中でも犬は、あらゆる町に。
b160919_12.jpg
なぜか、フォルムは皆ほぼ同じ。
(模様はいろいろ。)
だいたい自由に寝ていたり歩いていたりで、
飼われている犬と、
そうでないものの差が分かりにくいのです。

b160919_13.jpg
この子は、宝石商のオーナー様が飼われている
「カルー」。
カルーとは「黒」という意味だそうで、
この旅でカルーという名の犬と
2度出会いました。

b160919_14.jpg
あと、牛もたくさん。
道ですれ違ったりしました。

この光景は、
昔の日本に近いのかもしれませんね。


・・では、今回はここまでにしようと思います。
この調子だと、あと2~3回くらい続くかもしれません・・!

by.K

HPはこちら↓
http://www.korut.jp

Facebookページ↓
https://www.facebook.com/korutjewelleryworks

スリランカへ

  • Day:2016.09.07 03:26
  • Cat:宝石
ただいまコロットジュエリーワークスの二人はスリランカに来ております。
見るものすべてが新鮮で、出会う人達の穏やかさに2日目にしてすっかり魅了されてしまいました。
スリランカでの宝石採掘や研磨の様子を拝見し、魅力ある宝石を探してみたいと思っております。

スリランカへは関西国際空港からバンコクスワンナプーム国際空港を経由しコロンボ・バンダラナイケ国際空港まで待合を含め
約16時間ほどの道のりです。
resize-s0002.jpg

こちらはタイのスワンナプーム国際空港。
こちらにて6時間ほどのトランジット。
resize-s0003.jpg
短い予定ではありますが何か宝石の魅力を身近に感じられるような材料を探してこようと思います。

by.S

HPはこちら↓
http://www.korut.jp

Facebookページ↓
https://www.facebook.com/korutjewelleryworks