左右で違うデザインのピアスに

b150828.jpg

こちらは、先日M様よりオーダーいただきましたピアス。
センターストーンをメレ石が囲む“取り巻き”と呼ばれるデザインです。

ベース部分はお預かりしたプラチナ地金を使って制作し、
宝石もすべてM様がお持ちくださったものを留めています。

左右を見比べると宝石の形・サイズが違うのですが、配色は同じ。
ハートシェイプの赤い石の方が大きいため周りの石は小さいものを、
ラウンドの方は逆に大きい石で取り巻くことで、
2つのピアスのサイズが近いものに仕上がりました。

こちらのピアスはM様のご希望に沿ってデザインを起こしたものなのですが、
左右のデザインが違うというのも素敵ですね。
キラキラと豪華な印象ですが、
ペアで見た時には遊び心も感じる・・・
そんなピアスになったのではないでしょうか。

M様、このたびはありがとうございました!

by.K

HPはこちら↓
http://www.korut.jp

Facebookページ↓
https://www.facebook.com/korutjewelleryworks
スポンサーサイト



ミル打ちの一粒石ペンダント

今回は、先日H様にお納めしたペンダントのご紹介です。
リングをお持ちくださいまして、
そちらに留まっているお石をペンダントに・・とのご依頼でした。
b150822_1.jpg
こちらが、リフォーム前のリング。
石枠が大きく、高さのあるデザインでした。

そして、お作りしたペンダントがこちらです。

b150822_2.jpg

18金イエローゴールドで仕立てた、シンプルな一粒石ペンダント。
宝石を取り巻くミル打ちが美しく揃い、
デザインのアクセントになっています。

合わせていただきやすいデザインですので、
永くご愛用いただければいいなと思います。

H様、このたびは誠にありがとうございました!
またお近くにお越しの際には、どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

by.K

HPはこちら↓
http://www.korut.jp

Facebookページ↓
https://www.facebook.com/korutjewelleryworks

五山送り火

b150816_1.jpg

今日は「五山送り火」。
当店の営業時間が19時半までですので、
閉店後に丸太町橋まで見に行ってきました。

丸太町橋からは、
一番最初に点火される「大文字」と、
「妙」の上半分くらいが見えます。

b150816_2.jpg

夕方に強く降った雨も、
時々パラパラと降る程度まで落ち着き、
よかったなと思います。
昨年は鴨川が増水していて、
遊歩道には入れないように規制されていたりもしましたが、
今年は静かな鴨川のほとりで見ることができました。

五山送り火が終わると、
夏もあと少し。
暑いのは好きではないのですが、
なぜだか物悲しい気分になってしまいます。

by.K

HPはこちら↓
http://www.korut.jp

Facebookページ↓
https://www.facebook.com/korutjewelleryworks

石を主役に

b150811.jpg

こちらはご両親からお嬢様へのプレゼントにと、
少し前にT様からのご依頼でお作りしたペンダントです。

チェスカット(表面が四角い面で構成されているカット)が施された
ペアシェイプ(洋梨型)の宝石は、
縦が約20ミリある大きなものでした。
こちらは、ルース(裸石)の状態でお持ち込みくださったものです。

「なるべくシンプルに」とのご希望に沿って、
デザインのご提案をさせていただきました。
宝石のサイズが大きかったので、
重くなり過ぎないよう適度に軽やかな石枠に。
18金ホワイトゴールドの色味が、
落ち着いたブルーの宝石を引き立てます。

宝石の存在感が際立つペンダントになりました。

T様、このたびは誠にありがとうございました!

by.K

HPはこちら↓
http://www.korut.jp

Facebookページ↓
https://www.facebook.com/korutjewelleryworks

バゲット&ラウンドのフルエタニティ

8月初日の今日は、本当に暑い一日でしたね。
京都の最高気温は38.5度だったそうです。
そんなお話をお客様とさせていただいていたところ、
「インフルエンザや」と。
確かに・・!

さて、今日は先日O様にお納めしたリングをご紹介いたします。

150801_2.jpg

150801_3.jpg

バゲットカット(長方形)とラウンドカットのダイヤモンドを交互に配置した、
フルエタニティリング。
イエローゴールドの幅広リングに敷き詰められた、
トータル3カラット以上のダイヤモンドの輝きが、
とても華やかな手元を演出してくれます。

150801_1.jpg
ダイヤモンドは、
お持ち込みいただいたリングに留まっていたものプラス、
足りない分は当店でご用意させていただきました。
石のサイズはそれぞれ微妙に違いがありましたので、
一石ずつの寸法に合わせた枠を作り、
最初に設計した場所通りの位置に留めています。

フルエタニティリングは、
ぐるっとリング一周に石が留まっていますので、
ハードな使用は避けた方が良いタイプのジュエリーです。
ただ、その華やかさと存在感は、
フルエタニティリングだからこそ。
大切に永くご愛用いただければいいなと思います。

O様、このたびは誠にありがとうございました。
またクリーニングなどお気軽にお申し付けくださいませ。

by.K

HPはこちら↓
http://www.korut.jp

Facebookページ↓
https://www.facebook.com/korutjewelleryworks