スリランカの旅 Part 3

さて、スリランカのレポート3回目。
いよいよ宝石のお話です。

スリランカの宝石
スリランカでは、サファイア、ルビー、クリソベリル、スピネル、ガーネット、ベリル、トルマリン、トパーズ、クォーツなど、さまざまな種類の宝石が産出されます。

まず、キャンディの町で訪れたのが、
宝石ディーラーさんのショールーム。

161007_1.jpg
スリランカで採れる様々な宝石の原石が展示されていたり、
宝石が採掘される様子などを撮影した動画の上映があったり。

そしてこちらでは製品やルース(裸石)の販売もされていたのですが、
それらが生み出される工房も見学することができました。

161007_2.jpg
一つの部屋にたくさんの作業机が設置されていて、
皆がそれぞれの工程を集中して進めておられました。

161007_3.jpg
リングを作ったり、

161007_4.jpg
石枠を作ったり。

161007_5.jpg
同じ部屋で、石の研磨も行われていました。

写真撮影を快くOKしてくださったのを良いことに、
たくさんの写真を撮りつつ、
かなりじっくりと見学。
皆さん慣れていらっしゃるのか、
そんな中でも順調に作業を進めておられました。

その2日後・・
今度は宝石の採掘場を見学するために、
ラトゥナプラへ。
先日のブログでもご紹介していた通り、
「ラトゥナプラ」とは、
シンハラ語で「宝石の都市」という意味を持つのだそうです。

161007_6.jpg
車を降りた後、茶畑を通り抜けて採掘場に向かいます。
こちらのオーナーさんは、
紅茶の栽培や加工もされているとのこと。
スリランカといえば
「宝石」「紅茶」を思い浮かべる方も多いと思いますが、
その両方がここにはありました。

161007_7.jpg
自然豊かな緑に囲まれた場所に作られた採掘場。
スリランカで宝石の採掘をするには、
まず「採掘権」が必要なのだそうです。

161007_20.jpg
ここに、宝石を掘るための竪穴(ピット)があります。

161007_8.jpg
約2メートル四方の竪穴は、
覗き込むのも怖いくらいの深さ。
穴の壁面はゴムの木で枠組みされていて、
地下水が漏れ出さないようにシダの葉が詰められていました。

161007_10.jpg
竪穴からすくい上げられた砂礫は、
ザルに入れられ、洗い場で余分な土が落とされます。

161007_11.jpg
そして、目視で選別。
それが迷いなく、早いのです。

161007_12.jpg
見つかりました。
流石にサファイアなどはザクザク出てくるものではないのですが、
水晶などはたくさん採れているようでした。
小さいものなどは、足元に転がっていたりも。

161007_9.jpg
竪穴のほか、近くを流れる川に潜って採ったりもするそうです。

実際にこれらの現場を見学し、
想像していた以上に人力に頼った採掘方法で、
正直驚きました。
スリランカでの重機などを使った採掘は、
かなり制限されているのだそうです。
環境や資源の保全、
雇用機会の確保などを考えると、
そういったコントロールも必要なのだろうと感じました。

161007_13.jpg
作業には危険も伴うのでしょうけれど、
そこで働く人たちが皆とても良い表情でした。

世界の宝石採掘現場には
まだまだ過酷な労働環境も存在するのだと思うのですが、
スリランカでは、
少なくとも私たちが見学させていただいた現場からは、
そのような印象は受けませんでした。

さて、今回はここまでにしようと思います。
次回は買い付けの様子などを少しご紹介します!

by.K

HPはこちら↓
http://www.korut.jp

Facebookページ↓
https://www.facebook.com/korutjewelleryworks

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)